癇癪のある自閉っ子がことばで体調が言えるようになるママの対応

 

癇癪のある自閉っ子の対応に困っていませんか?癇癪には、頭ごなしに叱るなどの感情的な声かけはNG!早めの対応をおすすめしています。自閉っ子が体調を言葉で言えるようになる、ママの声かけと対応をお伝えします。
 

【目次】

 
 

1.自閉っ子の癇癪には早めの対応がおすすめです!

 
 
お子さんは、どんなときに癇癪を起こしやすいですか?
 
 
体調が悪いときに癇癪を起こしやすくなったりしませんか?
 
 
自閉っ子が自分の体調を伝えられないとき、朝の癇癪や行き渋りにもつながってしまいます。
 
 
特にゴールデンウィーク、夏休み、冬休みなど長期休み明けは、メンタル不調や行き渋りが表面化する時期でもあります。
 
 
朝から「行きたくない!」と癇癪を起こされると、どう対応したらいいのか悩んでしまいますよね。
 
 
 
 
実は癇癪に間違った対応をし続けると、癇癪自体が長引いてしまったり、習慣化してしまうことがあります。
 
 
そうならないために早めの対応をおすすめしています。
 
 
\子どもが素直になる朝の声かけ35つき/
癇癪・暴力がスッとおさまる!
脳科学に基づく接し方
↓↓↓
 
 

2.自閉っ子の癇癪が起きる原因

 
 
癇癪の背景にあるものとして、
 
 
1つ目は、「生理的な不快感がある」
 
 
2つ目は、「ママとのコミュニケーションの中で脳が誤学習してしまっている」 ということがあります。
 
 
詳しく説明していきますね。
 
 

◆①生理的な不快感

 
 
癇癪が起きる原因のひとつに、生理的な不快感があります。
 
 
自分の体調だったり、眠い、お腹が空いた…などのことです。
 
 
この生理的な不快感が伝えられないことで我慢が続くと、ストレスがかかります
 
 
そして体だけではなく、精神的にも不安定になりやすくなります。
 
 
これは朝の癇癪や行き渋りにもつながってしまいます。
 
 
ではなぜ自閉っ子が自分の体調を伝えられないのでしょうか?
 
 
理由としては、
 
 
感覚鈍麻がある
 
・自分の感情に気づけない
 
・体調をどう伝えていいか分からない
 
誰に伝えていいか分からない
 
どの程度の体調不良で伝えればいいか分からない
 
・(言わなくても)相手が自分の体調を分かっていると思っている
 
 
などさまざまな理由が考えられますが、幼児期の自閉っ子は自分の体調や疲れに気づいていないことが多いです。
 
 
 
 

◆②脳の誤学習

 
 
癇癪が起きる原因の二つ目に、ママとのコミュニケーションの中で誤学習をしてしまっているということがあります。
 
 
誤学習とは、これまでの経験から脳が間違った理解をしている状態で、癇癪が長引いたり習慣化する原因にもなります。
 
 
実は、幼稚園以降の癇癪は誤学習が原因のことが多いです。
 
 
簡単に説明すると行動を分析する方法として、ABC分析というものがあります。
 
 
A(先行条件)→B(行動)→C(結果)
 
 
B(行動)が、癇癪です。
 
 
C(結果)が、「要求が通った」「ママが反応してくれた」となると Bの癇癪が「強化されていきます。
 
 
これが脳の誤学習なのです。
 
 
「ママの反応」とは、怒る・叱る・不安そうにすることも含まれます。
 
 
この行動をなくしていくためにはA(先行条件)かC(結果)を変える必要があります。
 
 
A(先行条件)を変えることが予防です。
 
 
具体的には、
 
 
・癇癪を起こさないようにできるだけ不快な刺激を避ける
 
・予定を早めに伝えておく
 
 
などです。
 
 
C(結果)を変えるとするとスルーです。
 
 
発達科学コミュニケーションでは「ディスタンシング」とよんでいます。
 
 
次章では癇癪の対応方法をお伝えしていきますね。
 
 
【期間限定 6月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.ことばで体調が言えるようになるママの声かけ

 
 

◆①言葉を促す「代弁」

 
 
癇癪の原因のひとつ「生理的な不快感」が伝えられないことで我慢が続くと、ストレスがかかります。
 
 
体調や気持ちの言葉を促す方法の1つとして「代弁」があります。
 
 
プラス面「おいしかったね」「たのしかったね」などは言いやすいかもしれません。
 
 
またプラス面だけじゃなく、マイナス面についても代弁しましょう。
 
 
転んだり、けがをしたときに「大丈夫大丈夫!それくらい平気だよ!」って言っていませんか?(私は言っていました…)
 
 
そんなときは 「痛かったね。」気持ちを口に出してあげる
 
 
何かうまくいかずに手こずっているときは 「難しいよね。」など。 ぜひ気持ちや体調に気づく声かけをしてあげてください。
 
 
そんなママの肯定的なコミュニケーションで脳が育って行くと、より体調を認識しやすくなっていきますよ!
 
 
自分で体調が伝えられると本人もママも楽になれるので、 普段の生活の中で自分の体調、感情に気づきやすい声かけをしてあげられるといいですね。
 
 
 
 

◆②誤学習させない!ディスタンシング

 
 
ディスタンシングは、距離をとるということ。
 
 
見て見ぬふりをするっていうことですね。
 
 
ディスタンシングのポイントは3つ(安全の確保が最優先)
 
 
・癇癪がおきたら視線も体も向けない
 
 
否定的な感情は出さない。(イライラオーラは出さない)
 
 
・癇癪がおさまったらすぐに褒める
 
 
最後に必ず褒めて終わることで、どんな行動ならママが注目してくれるのか、教えてあげてくださいね。
 
 
スルーしたままにして、正解の行動が分からないと正しい学習になっていきません。
 
 
そしてとっても大事なのが、ママがやり切ることです!!
 
 
ディスタンシングをはじめてすぐは、癇癪が悪化したような感じがして怒ってしまうこともあるかもしれません。
 
 
私も、はじめは怒りたくなる気持ちをぐっとこらえるのに必死でした。
 
 
しかし、ここで反応してしまうと、また誤学習に繋がってしまいます。
 
 
まずは1週間やりきってみましょう!息子もこの対応を1週間やりきることで 叩く、投げるなどのひどい癇癪は落ち着いていきました。
 
 
ぜひ試してみてくださいね!
 
 
 
 
 
 
 
子どもの癇癪への対応もご紹介しています!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
子どもの行き渋りにどう対応するのが正解か分からず困っていました。こちらの本を読んで、行き渋りが悪化する対応をしていたことに気付き、はやめに知れて良かったと思いました。また、どう対応したらいいのか、具体的な対応と声かけが書かれていたので、ありがたいです。今日から取り組んでみます。
 
登校しぶりが解決する対応悪化する対応
がわかります!
↓↓↓
 
 
 
執筆者:東原 あや
(発達科学コミュニケーショントレーナー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました