ADHD グレーゾーン

発達障害・グレーゾーンの子どもの忘れ物対策、先輩ママのアイデアを一挙に紹介!

更新日:

注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプの発達障害、グレーゾーンの子どもは忘れ物が多いです。あまりにも多くて「ありえない!」と言いたくなるでしょう。しかし、いくら注意しても、子どもの忘れ物は減りません。どうすればいいの?先輩ママはどうしているの?効果があったアイデアを一挙に紹介します!
 

【目次】

1 発達障害・グレーゾーンの子どもの「忘れ物」には理由があります!
2 今すぐできる忘れ物対策は「声かけ」です
3 先輩ママはこうしている!ADHDタイプに有効なアイデアを一挙に紹介!

 
 

 

1 発達障害・グレーゾーンの子どもの「忘れ物」には理由があります!

 
 
忘れ物の多さが目立つ、ADHDタイプの子ども。お母さんとしても「今日は忘れ物していないよね?」と毎日ハラハラしてしまい、気になりますよね。
 
 
例えば、こんなことありませんか?
 
 
「教科書とノートは準備したけど、ドリル忘れた!」
「定規を持っていくの忘れた!」
「連絡帳?学校に置き忘れた!」
「リコーダーの宿題があるけど、持って帰ってない!」
「金曜日なのに、体操服を学校に置きっぱなし!」
 
 
などなど。筆箱を見ても、明らかに中身が足りません。鉛筆や消しゴムがないことも日常茶飯事。だから予備はすぐに空っぽ。いくら買い足しても、追いつきません。
 
 
こうした忘れ物の主な原因は、ADHDタイプにある「不注意」の特性によるもの。この特性が、忘れ物の多さに影響します。
 
 
お母さんと一緒に登校前の準備をシッカリしても、登校後は、自分自身で持ち物の管理をします。しかし発達の特性を持つ子には、これがとても難しいことなのです。
 
 
 
 
登校後の行動を想像してみてください。
 
 
・下駄箱で靴をはき替え、教室に移動する
・ランドセルを開け、教科書やノートは机の中へ
・宿題は提出用の箱へ
・絵の具セットや習字セットなどの大きな物は、ロッカーへ
 
 
授業が始まると、教科で使う教科書やノート、プリント、資料などを机から出したり、ロッカーに取りに行くなど、準備のための一連の行動は想像以上に複雑です。
 
 
これらに加えて、日直当番があったり、小学校高学年になると、委員会活動も加わります。特別な教材を購入する際には、集金袋を扱います。
 
 
こういった行動一つひとつに「不注意」の特性が作用し、教材を忘れる、連絡帳の書き忘れ、鉛筆・消しゴムの紛失教科書やノート、体操服の置き忘れなどの忘れ物が起きてしまいます。
 
 
お子さんによっては、「何を」「どんな時に」「どう使うべきか」を理解していない可能性もあります。こういったことを踏まえて、忘れ物を防ぐ方法を考えてみましょう。
 
 

 

2 今すぐできる忘れ物対策は「声かけ」です

 
 
お気づきのお母さんも多いと思いますが、忘れものが多いからといって
 
 
「忘れ物に気づいて、困れば学習するでしょ?」
 
は、発達障害の子どもには効果はありません。発達の特性を持つ子どもは、忘れ物だけでなく日常のあらゆる状況で、困りごとを抱えています。自分で困りごとを改善する余裕はないのです。
 
 
そこでお母さんが、お子さんの困りごとにいち早く気づいて、日でも早く、1つでも多くの困りごとを減らしてあげてください。
 
 
そのためにすぐできる忘れ物対策は、ズバリ「声かけ」。必要な持ち物、当番などがあるときは、こまめに声かけをして、忘れていたことを思い出させてあげましょう。
 
 
例えば「今日の宿題は、漢字プリントだよ」と宿題について思い出させてあげたり「明日は体育があります。何が必要でしょうか?」クイズ形式にして、お子さんに答えてもらうなど。お子さんが楽しめるように、歌やリズムなどをまじえて声かけをするのもオススメです。
 
 
 
 
ただし、一度思い出しても、また忘れてしまうことがあります。それでも、忘れたことを責めずに根気強く穏やかに伝えましょう。
 
 
そして、鉛筆や消しゴムの予備は十分に用意し、筆箱の中身が足りなければ、補充してあげましょう。物を無くさないようにしてもらいところですが、「消しゴムが無いよ!どうしよう!」という困り感を減らしてあげる方が先です。
 
 
また、体操服、リコーダーや鍵盤ハーモニカも手に入る機会があれば、家用に予備を持っておくのも1つの方法です。
 
 
カバンの準備も、お子さんに合わせて一緒に準備してあげるなどのサポートをしてあげてください。
 
 
もちろん、忘れ物をしなかった日はたくさん褒めてあげて、お子さんの「できた!」を実感させてあげてくださいね。
 
 

 

3 先輩ママはこうしている!ADHDタイプに有効なアイデアを一挙に紹介!

 
 
声かけをして、子どもをサポートする。それだけでは足りない、もっと具体的なアイデアが欲しい!
 
 
そんな時は、ADHDタイプの発達障害やグレーゾーンのお子さんがいらっしゃる先輩ママのアイデアが役に立ちます。もし身近にいらっしゃるなら、聞いてみましょう。
 
 
他にも、こんな方法が役に立った!という先輩ママのアイデアを紹介します。
 
 
 
 
・持ち物リストを玄関ドアにかけておく
発達の特性のある子は、目で見た情報の方が理解しやすい、という特徴があります。「玄関のリストを見てね」と声かけをプラスすると、効果が上がりますよ。
 
 
・ファイルケースを使って、教科ごとに棚を仕切る
発達障害の子どもは、整理整頓が苦手。教科ごとに場所を区切ってあげると、出し入れがしやすくなります。子どもも、自分で整理整頓できる力がつきます。
 
 
・学校で使う「お道具箱」を透明タイプにチェンジ
お道具箱が不透明で、中身の見えないタイプだと「物が見えない=物の存在を忘れる」ことになります。学校の先生と相談して、可能であれば中身の見える、透明タイプのお道具箱に変えてみましょう。
 
30cm定規がまっすぐに入るサイズがオススメです。ただし、学校の机に対応するかどうか、事前に確認してくださいね。
 
 
・教科ごとに、色を決めて目印をつける
教科ごとに色を決めて、教科書やノート、時間割表にマスキングテープやペンで印をつけます。国語なら赤算数なら青…という風に決めておくと、文字が読みづらいお子さんにも分かりやすいですよ。
 
 
・各教科のセットを写真に撮り、時間割に合わせて掲示する。
ADHDタイプの子どもに多いのが、文字より写真の方が記憶に残りやすい、という特性。写真と実物を見比べてそろえると、絵合わせのような感覚で準備ができます。
 
 
・全教科持っていく
全教科分の持ち物を持ち運ぶのは重くて大変ですが、全部持って行って、全部持って帰るのがシンプルで分かりやすい。ということで、実践されているお子さんも。「ADHDタイプの男の子あるある」…といったところでしょうか?
 
 
いかがでしたか?発達障害・グレーゾーンのお子さんの忘れ物はお母さんにとって、大きな悩みですね。しかし「忘れ物はしてしまうもの」と心の準備をして、冷静に対応すれば、お子さんの発達とともに、忘れ物も減っていきます。できることから実践してみてくださいね。
 
 
執筆者:渡辺みゆき
(発達科学コミュニケーション トレーナー)
 
忘れ物する時の脳の様子が丸わかり!
▼ご登録はこちらから!

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-ADHD, グレーゾーン
-, , , , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.