Nicotto 小学生 幼児

【Nicotto!限定】先生に褒められた!発達障害の子どもに小学校入学後やってあげたい3つの対応とは

更新日:

発達障害のお子さんをお持ちのお母さん、小学校入学が不安ではありませんか?就学準備中も心配、入学してからも心配。そんなお母さんに入学後お子さんにやってあげたい3つの対応をご紹介します。どれも担任の先生に褒められちゃったイチオシの対応ですよ!
 

【目次】

 

1.発達障害の小学校入学が不安な理由

 
 
発達障害・グレーゾーンのお子さんをお持ちのお母さん、小学校入学ってすごく不安ではありませんか?
 
 
入学前は「うちの子、ついていけるのかな?」と心配し、入学後は「今日は大丈夫かな?」と胃が痛くなる。ハイ、これ私のことです。
 
 
私の息子は今年4月に小学校に入学した、ピカピカの1年生。幼稚園に入園してすぐに発達障害・自閉症スペクトラムの診断がおり、幼稚園の3年間は療育に、おうちでの発達支援に、ドタバタの毎日でした。
 
 
息子は自閉症スペクトラムですが、お友達や先生が大好き。初めてのことも楽しくチャレンジできる子です。ルーティン化が得意なので、時間割のある小学校はある程度落ち着いて生活できるのではないかと期待していました。
 
 
でも、少人数制で先生の目が行き届いていた幼稚園から、1クラス20人以上の小学校、しかもマンモス校への入学はまったく環境が違い、とにかく不安が先立ちました。
 
 
私は、小学校入学に関する不安は4種類あると思っています。
 
 
①環境の変化が大きいこと。
②学習についていけるかどうか。
③お友達トラブル
④先生からの評価
 
 
この4つです。
 
 
息子の場合、
 
①小規模園からマンモス校への入学
 
②文字を書くのに時間がかかる
 
③コミュニケーションに課題があり、お友達との会話がかみ合わないかもしれない
 
④ずっと話しているので、先生に「うるさい子」って言われないか心配
 
 
と、それぞれ不安がありました。
 
 
 
 
不安、不安と言っていても、入学する日は待ってくれません。
 
 
小学校入学は学校に対して・子どもに対して、しっかり準備が必要です。準備していく中で、「これだけやってダメならしょうがいない!」と開き直れる瞬間がやってきます。
 
 
入学準備についてはこちらの記事にまとめました。ぜひチェックしてくださいね。
 
 
 
息子が入学した今、入学前に心配していたことなんて記憶の彼方に…(笑)その代わり、「今日は大丈夫だったかな」という心配が尽きない毎日がやってきました。
 
 
残念ながら、どんなに入学前に準備しても、入学後心配がゼロになるわけではないんです。
 
 
小学校に入学した後は、子どもがいかに毎日学校で安心して楽しく過ごせるのか、と考える必要があります。
 
 
今日は、私が入学後にした対応で、息子が喜び、担任の先生からも褒めていただいた対応を3つご紹介します。
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

-Nicotto, 小学生, 幼児
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.