グレーゾーン 対応

すぐに諦める子どもからやる気を引き出すシンプルな鉄則とは?

更新日:

新しいことにチャレンジするのが苦手、せっかく挑戦してもすぐに諦めてしまう…こんな子どもの様子に悩んでいませんか?実は子どもの「諦め癖」にはお母さんの対応が大きく影響しているんです!そこで今回はやる気を引き出す秘訣をお伝えします。
 

【目次】

 

1.すぐに諦める子どもに悩んでいませんか?

 
 
・「どうせ僕には無理だし」と言って、新しいことにチャレンジしようとしない
 
・何かに挑戦しても、ちょっとうまく行かないとすぐにやめてしまう
 
飽きやすく、1つのことに真剣に取り組むことができない
 
 
こんな風に、すぐに諦める子どもの様子に悩んでいませんか?
 
 
何事もそうですが、最後まで取り組むことで初めて結果を残すことができますよね。
 
 
しかし、すぐに諦めてしまうことが習慣化していると、
 
 
「できた!」という成功体験を積むことができない
         ↓
その結果「自分はダメな人間だ」と自己肯定感が下がってしまう
 
 
というように、子どもは自信を失っていきます。
 
 
さらにそのまま社会人になると、責任を持って仕事に取り組むことができず、職を転々とすることになる可能性もあります。
 
 
だからこそ、「すぐに諦める我が子をなんとかしたい!」「最後までやり切れるようにもっと根性を付けなければ!」と焦っているお母さんもいるかもしれません。
 
 
 
 
しかし待ってください!発達障害グレーゾーンの子どもにいきなり「最後までやり抜く力」を求めるのはちょっとハードルが高すぎます
 
 
なぜなら、発達障害グレーゾーンの子どもは脳の発達が未熟なために、
 
 
・苦手なことやできないことが多い
 
・とにかくエンジンがかかりにくい
 
・ネガティブな記憶を残しやすいので、ちょっとしたトラウマで強い拒否感を示すようになってしまう
 
 
などの特性があり、諦め癖がつきやすい傾向があるからです。
 
 
ですから、「何とかして根性をつけよう!」というスパルタ方式ではなく、脳を育てるという視点から子どもの行動力をしっかり育ててほしいのです。
 
 
実は子どもの諦め癖には、普段のお母さんの対応が大きく関係していると言われています。
 
 
つまり、お母さんが適切な対応を取れば子どもの行動力を育てることができるんです!
 
 
そこで今回は、すぐに諦める子どもからやる気を引き出す秘訣をお伝えします。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

2.子どもに諦め癖をつける、親のNG対応とは?

 
 
では、すぐに諦める子どもには普段からどのような対応をすればいいのでしょうか?
 
 
ここではまず、子どもに諦め癖をつけてしまう親のNG対応についてお話しします。
 
 

◆「こうあるべき」を押し付ける

 
 
1つ目は、親自身の「こうあるべき」を子どもに押し付けてしまうことです。
 
 
私たち親はついつい、失敗をしてほしくないという心配やしっかりしつけなくては!という焦りから、子どもに自分の考えを押し付けがちです。
 
 
しかし、発達障害グレーゾーンの子どもは苦手なことが多いため、
 
 
・宿題はきっちりやる
 
・時間は必ず守る
 
・忘れ物はしない
 
・人に迷惑をかけてはいけない
 
 
などと言う、親の「こうあるべき」が全く通用しないことが多くあります。
 
 
脳の特性は子ども本人にもコントロールが難しいものです。そこで「どうしてできないの?」と叱り続けてしまうと、子どもはどんどん自信を失います
 
 
その結果、子どもは「どうせ自分には無理だし…」とすぐに諦めるようになるのです。
 
 
 
 

◆感情的に叱る

 
 
2つ目は感情的に叱ることです。
 
 
例えば行動が遅い子どもについイライラして、「早くして!」とつい自分の感情をぶつけてしまうことはありませんか?
 
 
こんな風に感情的に叱ることは、子どもの行動を否定していることにつながります。
 
 
子どもは否定されるとやる気をなくし、「どうせ自分は何をやっても叱られる」と諦めるようになっていきます。
 
 
その結果、自分で考えて行動しなくなり、本来ならできることもできなくなってしまう場合もあります。
 
 
つまり、すぐに諦める子どもからやる気を引き出すためには、
 
 
・親の「こうあるべき」を手放して、子どもに自信をつけることを最優先する
 
・感情的に叱るのではなく、行動を促す肯定的な声かけをする
 
 
ということがポイントになってくるんです。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

3.子どものやる気を引き出す秘訣はコレ!

 
 
ここでは、すぐに諦める子どもからやる気を引き出す2ステップをお話します。
 
 

◆目標はスモールステップで

 
 
1つ目は、スモールステップで目標を設定することです。
 
 
最初にもお話したように、発達障害グレーゾーンの子どもにいきなり完璧にやり切ることを求めるのは、ハードルが高すぎます。
 
 
ですから、お母さんが今までの常識を捨てて「まずはここまでできればOK」とハードルを低くしてあげてほしいのです。
 
 
例えば、
 
 
・おもちゃが出しっぱなしでも、時間通りに家を出れたらOK
 
・部屋の片付けで本を1冊でも戻せたらOK
 
・「お風呂に入ってね」と声をかけて、とりあえず返事が返ってきたらOK
 
・答えを見てもいいから宿題に取り組めたらOK
 
 
こんな風に、一見非常識だと思えるようなレベルまで、求める目標をぐんと下げてください
 
 
「こんなにゆるくしたら、ますます根性がなくなるのでは?」と心配になるかもしれませんが大丈夫です。
 
 
すぐに諦めてしまう子どもに、あれもこれも完璧にやらせようとするのはNG。
 
 
まずは自信をつけることを最優先して、何か1つ「できた!」という経験をさせてください。
 
 
 
 

◆子どもの頑張りや成長を褒める

 
 
最初のステップで目標をうんと下げてあげたら、次にやってほしいことは子どもの頑張りや成長を褒めることです。
 
 
例えば
 
 
「ちゃんと時間守れたね」
 
「あ、本片付けてくれたんだ!」
 
「返事してくれてありがとう」
 
「宿題できたね」
 
 
できたところだけに注目して、子どもの行動をそのまま口にしてあげてほしいのです。
 
こんな風にお母さんが「当たり前にできていることを褒める」ことで、子どもに成功体験を積ませることができます。
 
 
誰かと比べるのではなく、子ども自身を基準にしてあげてくださいね。
 
 
まずは今できていることをしっかり褒めてあげると、子どもは自分から次の行動に移っていきます。
 
 
その結果、最後までやり抜く力が育っていくんですよ。
 
 
いかがでしたか?
 
 
すぐに諦める子どもからやる気を引き出す秘訣は
 
 
・スモールステップで目標を設定すること
 
・子どもの頑張りや成長を褒めること
 
 
の2つです。
 
 
お母さんの対応で、子どもの行動力をしっかり育ててあげてくださいね!
 
 
子どものやる気を引き出す秘訣を多数お伝えしています!
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:森あや
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-グレーゾーン, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.