園に行きしぶる子どもに自信と行動力を授けるママの声かけ

子どもが保育園や幼稚園に行き渋る、朝の準備がなかな進まなくて困っていませんか?忙しい朝にお母さんを悩ますその行動、子どもの発達特性が原因かもしれません。ガミガミ言って子どもを動かすより、自ら動き出すような子になる仕掛けをしていきましょう!

 

 

【目次】

 
 

1.ASDで繊細な子は登園、登校しぶりになりやすい?

 
 
自閉スペクトラム症(ASD)タイプの子どもは、一生懸命やっていても周りの子と同じようにできない、うまくいかないことが多くあります。
 
 
うまくできないことが多いと自己肯定感が下がり、自信をなくして行きます。
 
 
この自己肯定感が低いと、やる気がわき起こらなくなったり、なかなかやる気になりにくくなり、子どもの成長を停滞させてしまいます。
 
 
自信があるときはサクッと終わらせられることも、自己肯定感が下がっている時にはずるずると何時間もかかる、なんてことも起こります。
 
 
朝の着替えがなかなか進まない
以前はできていたのにできなくなっている

という状態はお子さんの自己肯定感が下がっているサインかもしれません。

 
 
 
 
そんな時に「さっさとやりなさい」「まだ終わらないの?」なんて言葉をかけるのは逆効果!
 
 
ますます行動をしたくなくなってしまうんです。
 
 
また、繊細で不安が強い子は、大人が思ってもいないような事を不安に感じ、それがあるだけで、行動にブレーキがかかり、ご飯を食べるのも進まない、一つ一つの行動に時間がかかる、動かないといったことが起こります。
 
 
朝の忙しい時間に、「なんで動かないんだろう」とイライラしてしまいますよね。
 
 
どんな声かけをしたら、子どもに自信をつけてあげられ、子どもがサッと行動するようになるのでしょうか。
 
 
\おうちで脳の発達を加速させる/
1日5分から取り組める
約40種類の教材を
無料でダウンロードできます!
↓↓↓
 
 

2.園に行き渋るその原因は?子どもの中で起こっていること

 
 

◆子どもの中(脳)では何が起こっているか

 
 
行動を起こそうとする時、脳はいちばんパワーを使います。
 
 
やりたい事であれば頭も身体も動き出しやすいのですが、不安や苦手意識があると動き出せません。
 
 
そこに先生が動かそうとあれこれ言ったり、他の先生まで来て説得されると子どもの脳はますます硬直状態に…
 
 
行事の多い二学期、園児を上手くまとめて動かしたい先生はついつい言葉がきつくなってしまい、繊細さん、マイペースな子はストレスに感じることが多くなります。
 
 
幼稚園に行くとこうなるとわかっていると、行き渋りになるのも頷けます。子どもも行きたいと思っても身体が動かないのかもしれません。
 
 
それを上手く伝えられずに困っているのが原因で癇癪やグズグズといった行動で表していることがあります。
 
 
 
 

◆集団行動に対して強い抵抗感があるのはなぜ?

 
 
ASDのお子さんは周りの状況を判断する力が弱いため、今急がなきゃ、とか周りの子が早くしているから自分も早くやろう、と言う発想がなかなかできません。
 
 
何かをしながら周りを視る、時間を考える、と言う部分の脳の発達が未熟なためです。
 
 
家では自分から行動できるようになっても、園や集団の中だと出来なくなってしまうことはよくあります。
 
 
周りを見ながら行動が止まっている、そのうちに何をするべきだったのか忘れてしまい、次の行動がわからなくなっていると言うことも起こります。
 
 
先生の指示を聞いて動き出し、周りの誘惑に負けずに行動をやり終えるにはたくさんのハードルがあるのです。
 
 
何人も一度に見ている先生に一人一人の行動の進み具合を把握するのは難しいでしょう。集団行動をさせようとしているときなら尚更ですよね。
 
 
【期間限定 5月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.自己肯定感を上げて自分の気持ちを言葉にできるようになるお母さんの関わり方とは

 
 
まずやってほしいことが「実況中継」。子どもの「行動を認める」、「実況中継する」ことをやってみてください。
 
 
朝、「起きられたね」、「トイレに行けたね」など、行動を認めて、言葉で伝える、それだけで子どもの中では一つの成功体験になります。
 
 
この言葉が多いほど成功体験の数がたくさんになり自信がついて行くのです。
 
 
自分で動き出したら褒める
できたらまた認める・褒める
終わったら「できたね」と認める・褒める
 
 
これだけ1つの行動に、成功体験を感じさせる言葉が3回かけられます。
 
 
行動の途中で他のことを始めてしまう場合には、途中途中でそこまでできている事を言ってあげましょう。
 
 
「ズボンは履けたね」
「次は何を履くのかな?」
「あと靴下で着替え終わるね、終わったらりんごが食べられるよ」
 
 
と言う風にヒントを与えて、次の行動を気付かせてあげます。
 
 
 
 
まず、出来ていないことは指摘しない、できたことだけを肯定、認める、褒める、で子どもの成功体験を積み、どんどん自信を増やしてあげましょう。
 
 
自信がついて、できることが増えた子どもはぐんぐん成長します。 すると子どもは面白いくらい自分から動くようになりますよ!
 
 
大人が適切なコミュニケーションを取れば、子どもは変わる!
 
 
親子の信頼関係が深まり、色々と話してくれるようになります。9歳の壁や思春期の壁も小さいうちから信頼関係を築いて行くことで、壁にはならなくなります。
 
 
今から良い関係を築いて、子育てって楽しい!を実感してください。
 
 
 
 
ママと子どもの毎日を変えるヒントが届きます!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
▼無料小冊子プレゼント▼
♡小冊子のご感想
子どもの行き渋りにどう対応するのが正解か分からず困っていました。こちらの本を読んで、行き渋りが悪化する対応をしていたことに気付き、はやめに知れて良かったと思いました。また、どう対応したらいいのか、具体的な対応と声かけが書かれていたので、ありがたいです。今日から取り組んでみます。
 
登校しぶりが解決する対応悪化する対応
がわかります!
↓↓↓
 
 
 
執筆者:五上亮子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました