ASD男子の「オレの気持ちなんてわからないくせに!」を変えた3ステップ会話術

 

自閉症スペクトラム症(ASD)タイプの子は、同じ出来事、場面を見ていても周囲の人と捉え方にズレが生じていることがあります。そのせいで傷ついたり、理解されず悩んでいます。お母さんがお子さんの一番の理解者となって、生きやすくすることができるポイントとは?
 
 

【目次】

 
 

1.誰も自分の気持ちなんてわかってくれない!息子の悲痛な叫び

 
 
私には自閉症スペクトラム(ASD)の息子がいます。息子が小学校低学年のころから、自分の気持ちがわかってもらえないと悩んでいました。
 
 
行動や発言が周りと違うことを心配するあまり、子どもに対して
 
「ふつうはそうしないよね」
 「ふつうの人は、まあいっかぐらいに思うよ」
 
 
と言う風に、「ふつうは」という言葉をよく使っていました。
 
 
こだわりが強く、過剰反応してしまうということが多い息子に、私は「ふつうはこうするよ」と“一般的な常識の範囲“を教えようとしていたんです。
 
 
ところが、それはうまくいきませんでした。
 
 
ある日の学校の授業でのこと。教科書に息子の同じ名前の子が出てきました。
 
 
するとクラスの何人かが「○っくん、○っくん」と同じ名前の息子に向かって言ってきたそうです。
 
 
「バカにされた」「呼ばれて嫌だった」と感じた息子は、教科書を机に叩き付けたそうで、教室の中はシーンとなってしまったそうです。
 
 
この話を聴いた私は、
 
 
名前をニックネームで呼ばれただけなのに…
周りの子は意地悪で言ったわけじゃあるまいし…
むしろ、愛嬌を込めて息子を呼んでくれたんじゃない?
 
と感じました。
 
 
「『そうでーす、僕が○っくんでーす』って返しとけば良かったんじゃない?ふつうは軽く流すことだよ」と伝えたのですが、それが息子は気に食わなかったのです。
 
 
このような私と息子の感じ方、捉え方の違いやズレが原因で、理解し合えない事が多くなっていきました。
 
 
すると息子は私の言葉に安心するどころか、反発する一方。癇癪も激しく、ついに「オレの気持ちなんてわからないくせに!」と言われてしまいました。
 
 
 
 
 
息子を思って、考えて、一緒に悩んでいるはずなのに、全ての努力が泡のように消えていく日々を過ごしていました。
 
 
\期間限定 4/14(日)まで/
発達障害&グレーゾーンの

子どもの育て方~新年度編~
≪15の質問でわかる発達チェック付き≫
↓↓↓
 
 

2.ASDキッズの特徴=捉え方のズレから子どもは傷ついています

 
 
これを読んでいるお母さん達の中でも、同じような事を言われ、心にグサグサと刺さった事がある方もいるでしょう。
 
 
ASDタイプの子の特性は、同じ出来事、場面を見ていても周囲の人と捉え方にズレが生じていることがあります。
 
 
それを否定されることは、自分自身を否定されている気持ちになるのです。
 
 
そのため、学校や友達と過ごしている時に、感じたズレで傷ついていることがあります。
 
 
「ふつうは」は息子にとってはNGワード、否定されていると感じる言葉だったんです。
 
 
それに気が付かず使い続けた結果、私は息子から自信とやる気を奪ってしまっていました。
 
 
 
 
そして、感情の限界が簡単に来やすいことも、発達凸凹の子の特徴でもあります。
 
 
そのいっぱいになってしまった感情に耐えられず、癇癪を起こす。
 
 
自分でコントロールできない感情から、自分を守るために暴言を吐いたり、攻撃的になったりします。
 
 
そのため、その場の感情で言い合いになってしまったり、お子さんの気持ちを傷つけてしまわないためにも、お母さんが気を付けたいポイントがあります。
 
 
【期間限定 4月末まで】
 
繊細ちゃんに折れない心が育つ!
正しい甘やかし方がわかります

↓↓↓
 
 

3.子どもに「ママが一番わかってくれてるよね」と言われるようになった会話術123

 
ステップを踏んで会話をすることで、自分と子どもの感情を落ち着かせ、穏やかな状況に早く持っていくことができます。
 
 
会話のステップはとてもシンプルです!

 

 

◆ステップ1:まずはママがクールダウン

 
 
子どもが感情がいっぱいいっぱいになって、癇癪を起こしたり、興奮状態の時には、ママ自身も3秒、または6秒、数えながら、感情を落ち着かせましょう。
 
 

◆ステップ2:子どもの気持ちを受け止める

 
 
「さっき言われた事、嫌だったんだね」と、子どもが感じたことを認めます。
 
 

◆ステップ3:子どもに共感する

 
 

 
子どもが落ち着いてきたら、「今日学校で何か辛かったの?」「今日どんなことがあったの?」などと質問し、子どもが話してくれた事に同意します。
 
 
自分の思いとは違ったとしても、子どもの感じ方を認めてあげましょう。
 
 
そして、気持ちを落ち着けて話ができたことを褒めます。
 
 
「ママはわかってくれた」、「自分の気持ちをわかってもらえた」それが、子どもの安心や自信に繋がります。
 
 
すると、もっと色々な気持ちを話してくれたりします。
 
 
ここで、「ふつうは」などと言い出してしまうと、逆戻り!
 
 
また子どもの感情が興奮状態になってしまいます。 
 
 
自分の気持ちを受け止めてもらえた、解ってもらえた、共感してもらえた、そのことが子どもの感情をすーっと落ち着かせます。
 
 
「そう思ったんだね」や、「その気持ち、ママわかるよ」の言葉はおまじないの様に、子どもに入っていくのを感じられると思います。
 
 
また同じ様な状況になった時に、これを繰り返していくことで、子どもも落ち着き方を覚えて行くことができます。
 
 
そして、その心地よさを分かった子と、お母さんの間に信頼関係ができて行きます。
 
 
実際息子には「ママは一番オレの気持ちをわかってくれてるよね」と言ってもらえる様になりました。
 
 
日々の悩みや苦労が報われた瞬間でした。
 
 
ぜひやってみてください。
 
 
 
 
ママと子どもの毎日を変えるヒントが届きます!

▼ご登録はこちらから

メールアドレス ※必須
名前(姓) ※必須

 
\おうちで脳の発達を加速させる/
1日5分から取り組める
約40種類の教材を
無料でダウンロードできます!
↓↓↓
 
 
執筆者:五上亮子
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
発達の専門家が教える!脳を伸ばして子育ての悩みを解決する方法~1日1分無料メール講座~
無料登録で特典を受け取る
タイトルとURLをコピーしました