Nicotto グレーゾーン 発達教材

【Nicotto!限定】発達障害の息子がぬりえを嫌うワケ VS ぬりえをやってほしい母のワケ~ぬりえ教材つき~

更新日:

発達障害の息子がぬりえが嫌いだと分かったのは療育でのあるできごとでした。たかがぬりえ、されどぬりえ。ぬりえは発達を加速させるのに役立つツールです。苦手な子にぴったりのぬりえ教材を無料プレゼントします!
 

【目次】

 

1.療育で事件勃発!息子のぬりえを見た母、絶句!!

 
 
発達科学コミュニケーション・リサーチャーの丸山香緒里です。私の息子は6歳の年長さん。発達障害・自閉症スペクトラムです。診断がおりてからさまざまな療育を受けてきました。
 
 
そのなかでも一番長く通っているのが作業療法(OT)です。息子が通っている病院では、体幹トレーニングと手先のトレーニングが半分ずつの割合で行われており、不器用な息子でも楽しく通えていました。
 
 
OTに通いだして2年ほどたったころ、ある事件が起きました。
 
 
ちょうどその日は手先のトレーニングの日でした。30分の療育を終え、いつも通り先生にその日の様子を聞きに行くと、いつもニコニコの先生が苦笑い。
 
 
「ママ、今日はぬりえをしたんだけど…これ見てもらえる?」
 
 
そういって渡されたぬりえを見て、私は絶句しました。
 
 
 
 
息子のぬりえはイラストのど真ん中をちょっと塗っただけ。A4の用紙のほんの真ん中にちょこっと色づいているだけ。ほぼ白紙の状態でした。
 
 
先生にお話を聞くと、息子なりに先生の指示を聞いて一生懸命ぬっていたそうです。でもすぐに疲れてしまい、休憩をはさみながら再開して…というのを繰り返して30分経過したそうです。
 
 
それにしても、30分かけてほとんど塗れていないことに衝撃を受けたのです。
 
 
発達障害の子どもがぬりえを好まないのには実は理由があります。この記事ではぬりえを好まない理由を検証しながら、ぬりえが持つ発達の効果を解説します。
 
 
記事の最後には、息子のようにぬりえが苦手な子どもでもトライしやすい、入門編のぬりえを添付しました。ニコット塾限定で無料でダウンロードしていただけますよ!
 
 

これより先は会員限定コンテンツです。ログインまたは、会員登録が必要です。

ユーザのログイン
   

▼子どもの発達がぐんぐん伸びる情報が毎日届きます!

-Nicotto, グレーゾーン, 発達教材
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2019 All Rights Reserved.