特集 過去の特集

コロナ第3波でストレス増加、子どもの鬱も懸念。発達障害グレーゾーンの子の親が知っておきたい「コロナ禍のおうちカウンセリング・ストレス対策」特集

更新日:

【特集の背景】
コロナウイルス感染が再び拡大しています。外出自粛の可能性や、感染者増加のニュース等、生活の変化やネガティブな情報により、お子さんのストレスが増す可能性があります。
 
 
皆さんの最近のお子さんの様子はどうでしょうか?ニュースをみて怖いなど言うお子さんはいませんか?
 
 
今年初めの臨時休校明けには、何らかのストレス反応を示した子どもが全体の72%に上りました。 このまま感染者が増えると、お子さんにストレスがかかり何らかの心理的反応、問題行動として現れる可能性があります。
 
 
■臨時休校明けの6月中旬から7月中旬に国立成育医療センターが行った、第2回【コロナ×こどもアンケートその2】

子どもは、ストレスや社会環境の変化を受けやすいと言われています。加えて、発達障害のお子さんは、ネガティブな記憶が残りやすい傾向があるのです。
 
 
いつまで続くかわからない不自由な生活をこのまま続けていくと、特性が強くでてしまい、ストレスによる心理的な反応(甘えすぎる、怒りっぽくなる、元気が出ない、イライラする、おねしょが増えるなど)が出てくることがあります。
 
 
お子さんがイライラすると親御さんもイライラしてしまい悪循環にはまりますね。そうなる前にぜひ対策を知っておいて欲しいと思います。
 
 
そこで、パステル総研では、コロナウィルス第3波で再び子どものストレスが増すことを心配して、前回の新型コロナウイルス流行時に見られた子ども達のストレス症状への対策を中心に、『コロナ禍のおうちカウンセリング・ストレス対策』の特集を組みました。
 
 
どうしてイライラしているのか、理由を知るだけでお母さんのイライラも治まることもあります。また、声掛けの仕方を知っておくと、いざという時に、お母さんも必要以上に不安にならなくてすみます。
 
 
コロナ禍で大人も子どもも我慢を強いられ、思い通りに行かないこともあると思います。ストレスが溜まって症状が出る前に、『おうちカウンセリング・ストレス対策』を読み、是非対策をしてください。
 
 
 そして、オンラインで楽しめることが充実した、家族で過ごす時間が増えたなどプラス面も思い起こし、親子で楽しい記憶の冬休みにしたいですね
 
 
【特集内容】コロナ禍のおうちカウンセリング・ストレス対策
ストレスからくる身体症状への対応策
コロナへの不安症状にもオススメ!発達障害の子どもの「お腹が痛い」がスーッと消える関わり方
発達障害の有無は関係なし!コロナウィルス対応に戸惑う幼児に出やすいSOSサインの特徴
コロナ第2波で見られたストレスからくる精神的症状への対応策
ストレスが下がり効率が上がる!新型コロナウィルス第3波のお家時間が穏やかになるたった3つのお家ルール!
【お悩み相談室】新型コロナの影響か、家の中できょうだいげんかばかりしています。冬休みに入ったらもっとけんかが増えるんじゃないかと思うとうんざりします…
コロナ疲れ?毎日のストレスから子どもの心に余裕を取りもどす方法
コロナ第3波で休校になっても慌てない!親子でイライラが減り楽しく過ごせる3つの手法
子どもの鬱について
【トレーナー動画】ここに気を付けよう!発達障害・グレーゾーンの子どもの「コロナうつ」予防法
おうちカウンセリングについて
コロナストレスで不安が強くなっている子どもに効果的なおうちカウンセリングのコツとは?
コロナ不安の対処法~発達障害で不安が強い子どもに、お家カウンセリングがおすすめ!

 

 

▼ご登録はこちらから!

▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中

-特集, 過去の特集

Copyright© パステル総研 , 2021 All Rights Reserved.