グレーゾーン 対応

効果に感動!空気が読めない子どもに効く、非常識な対応とは?

投稿日:

場違いな行動を取る、会話が一方的…発達障害の子どもは空気が読めない行動が目立ち、友達トラブルも増えがちですよね。そこで今回は空気が読めない子どもに効く非常識な対応をお伝えします。
 

【目次】

 

1.子どもの空気の読めなさに困っていませんか?

 
 
発達障害・グレーゾーンの子どもはコミュニケーションが苦手な傾向があります。
 
 
・思ったことをすぐに口に出す
 
・会話が一方的
 
・場違いな行動を取る
 
・お友達が嫌がっているのにしつこくつきまとう
 
 
こんな風に、子どもの空気が読めない様子に悩んでいませんか?
 
 
空気が読めないとお友達トラブルが頻発したり、1人浮いてしまったり…お母さんとしては「なんとかしないと!」と焦ってしまいますよね。
 
 
我が家の息子は発達障害グレーゾーンの小学2年生です。実は幼稚園の頃、
 
 
・友達が嫌がっているのにすぐに抱きつく
 
・ゲーム中にルールを無視して台無しにしてしまう
 
 
など空気が読めない行動が多いことに悩んでいました。
 
 
そこで当時の私が取った行動は「とにかくルールを教えること」
 
 
私がお友達役になり
 
 
「朝会ったらまずは『おはよう』だね」
 
「抱きつくんじゃなくて、『大好きだよ』って言葉で伝えようね」
 
 
とロープレをしたり、
 
 
「ゲームが台無しになったらみんな悲しいよね?だから決まりを守ってやろうね」
 
 
などと息子に正解を叩き込んだり、人の気持ちを理解させることに力を入れていました。
 
 
ところが、どれだけルールを伝えても息子のコミュニケーション能力は上がらず、私はイライラするばかり…
 
 
 
 
実は発達障害の空気の読めなさには、お母さんのしつけや育て方が原因ではなく、脳の特性が大きく影響しています。
 
 
ルールを教えてもうまくいかなかったのは、私の対応法が息子の脳の特性に合っていなかったからだったんです。
 
 
空気が読めない行動が多いと、周りからは「自分勝手」「怠けている」など誤解されがちです。
 
 
そして叱られ続けることで自信をなくし、不登校や引きこもりなどの二次障害を起こすこともあるため、早めに適切な対応をしてあげることがとても大事なんです。
 
 
そこで今回は、空気が読めない子どもに効果的なコミュニケーション術をお伝えします。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

2.空気が読めない原因とは?

 
 
発達障害の子どもの「空気が読めない」には、様々な脳の特性が関係しています。ここでは1つずつお話ししていきます。
 
 

◆コミュニケーションが苦手

 
 
1つ目はコミュニケーションの苦手さです。発達障害の子どもは
 
 
・目に見えないものを想像したりすることが苦手
 
・抽象的な表現を理解することができない
 
 
と言う特性を持つタイプが多く、特に自閉症スペクトラム(ASD)によく見られます。
 
 
コミュニケーションが苦手なタイプのつまずきポイントはズバリ、「どうすればいいのか本人が分かっていない」ことです。
 
 
例えば、
 
 
・思ったことを口に出してしまう
→「こういうことを言うと相手は嫌な気持ちになる」と言うことが分かっていない
 
 
・一方的に話してしまう
→自分が話していい状況かどうかの判断ができない
 
 
・相手が嫌がっているのにしつこくつきまとう
→「相手の表情から気持ちを読み取ることができない」
 
 
と言うメカニズムで「空気が読めない」ように見えてしまうのです。
 
 
コミュニケーションが苦手なタイプの場合は、ソーシャルスキルトレーニングなどを活用して「こう言うときはこうする」とルールを教えることが必要です。
 
 
特に一定のルールを守ることが得意なASDタイプには有効です。
 
 
 
 

◆こだわりが強い

 
 
2つ目はこだわりが強いことです。
 
 
発達障害の子どもは
 
・興味や活動の範囲が狭く、他人に対する関心も薄い
 
・マイルールが多い
 
・状況に合わせて臨機応変に対応できない
 
・同じ行動を何度も繰り返す
 
 
などマイペースに見えることも多いですよね。
 
 
こだわりが強いタイプのつまずきポイントは「自分のペースを最優先してしまう」ことです。
 
 
実はこだわりが強い子どもは、安心を得るために自分のペースを優先しようとしている傾向があります。
 
 
ですから、ルールを教えるだけでは空気の読めなさが改善できない場合があるんです。
 
 

◆衝動性が強い

 
 
3つ目は、注意欠陥多動性障害(ADHD)タイプによく見られる、衝動性の強さです。
 
 
実はこのタイプの「空気が読めない」には少し注意が必要です。
 
 
なぜなら状況は理解しているけれど、衝動性が強いために「分かっているのにやめられない」と言う場合がよくあるからです。
 
 
例えば
 
 
・思ったことを口に出してしまう/一方的に話してしまう
→思いついたことを話さずにはいられない
 
 
・相手が嫌がっているのにしつこくつきまとう
→「この人と遊びたい!」と言う衝動を抑えることができない
 
 
と言う様に、「自分の欲求が抑えられない」ことで「空気が読めない」様に見える行動を取ってしまっていることが多いのです。
 
 
これは先ほどお話しした「こだわりが強い」タイプにも同じようなことが言えます。
 
 
こだわりや衝動性が強いタイプは、「自分でコントロールできない」ことが空気が読めない原因になっているのです。
 
 
実は我が家の息子は衝動性が強いタイプです。
 
 
だからどれだけルールを教えたりロープレをしても、なかなか友達トラブルが解消されなかったのです。
 
 
もちろん、ソーシャルスキルを身に付けさせたり、他人の気持ちを想像させることはどんな子どもにも必要なことです。
 
 
しかしこだわりや衝動性が強いタイプの子どもは、「正解を教える」だけでは足りないのです。
 
 
発達障害&グレーゾーンの対応無料メール講座特典付き
 
 

3.空気が読めない子どもに効く対応はコレ!

 
 
「自分の欲求のままに行動してしまう」と言うのは脳の発達が未熟なことが原因です。
 
 
しかし、衝動的な行動やこだわりは、脳が発達すると目立たなくなってくることが多くあります。
 
 
脳の発達に必要なのは行動させること。行動させるためには自信をつけることが必要です。
 
 
また、空気が読めない子どもは普段から失敗を繰り返し、自信を失っていることが多くあります。これはコミュニケーションが苦手なタイプの子どもも同じです。
 
 
つまり、空気が読めない子どもにまずはやってほしいことは、お母さんの声かけで自信をつけてあげることなんです。
 
 
中でも効果的なのは「周りの状況に合わせて行動できている瞬間を見逃さずに褒める」ことです。我が家の場合は
 
 
幼稚園にお迎えに行ったときに
 
 
「〇〇くんにちゃんとバイバイって言葉で言えたね!」
 
「お友達にぶつからないようにゆっくり階段を降りれたね!」
 
 
家であれば
 
 
「手伝ってくれるんだね!気づいてくれてありがとう!」
 
「お母さんのお話を聞いてくれてありがとう!」
 
 
などと褒めることで「ちゃんと正しく行動できているよ!」と成功体験をどんどん積ませていきました。
 
 
すると息子に変化が現れました。
 
 
・「聞きたいことがあるから手が空いたら教えてね」と相手の都合を優先して話しかける
 
 
・私がネットスーパーの支払いをしている間に、玄関からキッチンへ届いた物を運んでくれる
 
 
など相手の状況を考えたり、人の役に立とうと積極的に行動することが増えたのです。
 
 
子どもは褒められると自信がつき、やる気を出します。その結果、自分で考えてどんどん行動するようになっていくんですよ。
 
 
 
 
いかがでしたか?
 
 
空気が読めない子どもにまず必要なことは、状況に合わせて行動できているときにしっかり褒めることです。
 
 
子どもの自信を回復させて、コミュニケーション能力を伸ばしてあげてくださいね!
 
 
空気が読めない子どもに効く声かけを多数お伝えしています!↓↓
▼ご登録はこちらから!
▼小冊子プレゼント中です!
▼講師に困り事の相談もできる!
Nicotto!塾生募集中
 
 
執筆者:森あや
(発達科学コミュニケーションリサーチャー)

-グレーゾーン, 対応
-, , , ,

Copyright© パステル総研 , 2020 All Rights Reserved.